労働問題コラム

タグ : 計算

みなし残業制とは?制度をしっかり理解しよう

みなし残業制とは  労働基準法は、労働者の労働時間を1日8時間、週40時間と定めています。しかし、外回りの営業職や在宅勤務など、事業や業務の性質によっては、会社側が労働時間を管理することが困難な場合や、会社側が労働時間を …

解決事例のご紹介【トラックドライバー同僚2名】裁判の結果,2名で約1000万円の残業代を獲得

元同僚のドライバーの方2名からのご相談でした。月100時間前後の残業を行っていましたが残業代が払われていなかったとのことで,以前の勤務先に対して残業代請求をご希望でした。 当事務所に相談される前に,いったんは労基署に相談 …

全国の最低賃金一覧。自分の時給と比較してみよう

一生懸命働いても、正当な賃金を得られなければ、働く意欲を失ってしまいます。そこで、政府では、企業が最低限払わなくてはいけない1時間当たりの賃金を定めています。それを「最低賃金」といいます。 産業や職種に関わりなく、各都道 …

残業代の計算方法。アナタの残業代を計算してみよう

政府の働き方改革実現会議などで、近頃話題になっている「残業時間」。これまで、本来は正規の残業として受け取れる手当を、「サービス残業」という名の下に受け取ることができなかった日本社会や企業に、大きな問題があったことが関心を …

月60時間を超える残業している人は、1.5倍の割増し請求が可能な場合も

正社員でも、アルバイトでも、月々の残業時間に応じて残業代が支払われます。 しかし、会社から支給される残業代は正しい計算に基づくものでしょうか?実は、残業代の計算には様々なルールがあるのです。損をしないためにも、残業代をき …

残業代はどのように計算するのか?計算式は?

残業続きの毎日でも、残業代がもらえると思えば少しは頑張れますね。 しかし、その残業代は正しい額で支払われているでしょうか? 使用者(雇い主)のミスで損をしないためにも、自分で残業代を計算してみましょう。 1.基礎時給を計 …

PAGETOP
Copyright © 運営:弁護士法人 勝浦総合法律事務所(東京・大阪・横浜) All Rights Reserved.