労働問題コラム

タグ : 残業代の時効

残業代の時効が2年から5年に延長? 民法改正でどう変わるのか

残業代を含む賃金請求権は,現在2年で時効とされています(労働基準法115条)。つまり,10年間会社に勤めてきた方が,退職直後にサービス残業代の請求をしようとしても,2年分しか請求できないこととなっています(なお,退職金の …

残業代の計算方法。アナタの残業代を計算してみよう

政府の働き方改革実現会議などで、近頃話題になっている「残業時間」。これまで、本来は正規の残業として受け取れる手当を、「サービス残業」という名の下に受け取ることができなかった日本社会や企業に、大きな問題があったことが関心を …

残業代の時効2年を中断させる方法「時効の中断」とは?

残業代を請求するとき、気をつけなければならないのは時効による消滅です。残業代も、給料日から2年たつと時効によって消えてしまい、それ以降請求できなくなってしまうのです。 では、残業代が時効にかからないようにどのような対策を …

PAGETOP
Copyright © 運営:弁護士法人 勝浦総合法律事務所(東京・大阪・横浜) All Rights Reserved.