労働問題コラム

労働問題コラム

月60時間を超える残業をしている人は、1.5倍の割増し請求が可能な場合も

正社員やアルバイトなどの雇用形態に関わらず、残業をした場合はその時間に応じて残業代が支払われます。 残業代の計算には様々なルールがあるのですが、会社が必ずしもそ …

これからどうなる!?現役教師の残業代請求、論点とこれから

教師の残業の実情 教師の過労死が労災認定されニュースで取り上げられるなど、もはや教師の長時間労働については周知の事実となっています。 長時間労働の原因としては、 …

労働基準法における「残業」の定義とは?

どのような業界にいても、残業は避けて通れない道かもしれません。 誰もが経験する「残業」ですが、その正しい定義というのはご存じでしょうか? 法律上の定義にあてはめ …

就業規則と雇用契約書の内容が異なる場合、どちらが優先される?

みなさんは会社の就業規則を確認したことはありますか? 「雇用契約書に労働要件が記載されているから、就業規則までは見たことがない」という方も多いのではないでしょう …

労働基準監督署とは?相談できることとは…

労働基準監督署とは 「ろうき」という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 ろうきとは「労働基準監督署」のことで、労働基準監督署を略して「労基署」 …

持ち帰り残業の残業代請求はできるのか?

会社で終わらなかった仕事を自宅に持ち帰って引き続き仕事を行っている方や、固定残業代以外に残業代は出ないから、などの理由で会社と自宅で区別なく仕事を行っている方な …

深夜労働や時間外労働に制限がある場合について

深夜労働とは? 24時間開いているコンビニやスーパー、工場、深夜に行われる道路工事など、様々な場面で深夜労働が行われています。 ここで気になるのが「一体何時から …

「事業場外みなし労働時間制」は要注意。外回り営業だから残業代ゼロ!?

企業で働く人の中には、セールスマンや添乗員など事業所外で働くことがほとんどで、正確な労働時間を把握することが難しい働き方をしている方がいらっしゃいます。 そうい …

社内の強制飲み会やイベントは残業の対象になる?

歓送迎会の時期や年末になってくると、飲み会やイベントが増えてくる会社も多いでしょう。 しかし、「お金も時間もかかるから、会社から強制される飲み会にはできれば出席 …

厚生労働省が定めた時間外労働時間「過労死ライン」は月80時間の残業?

日本人は世界的に見ても働きすぎであるといわれます。実際に、働きすぎで過労死する人が後を絶ちません。 過労死とはどのような状態をいうのでしょうか。 また、どのよう …

« 1 2 3 4 9 »
PAGETOP
Copyright © 運営:弁護士法人 勝浦総合法律事務所(東京・大阪・横浜) All Rights Reserved.