記事監修

日をまたぐと残業時間のカウントがリセットされる?

多くの方は午前9時頃から勤務を開始し、たとえ残業をしても日付が変わらないその日の内に勤務を終了されているかと思います。
その場合の残業時間の計算方法はいたってシンプルなのですが、中には夕方頃から勤務を開始して日をまたいで翌朝以降に勤務を終了されている方もいます。

日をまたいで勤務をした場合の残業時間はどのように計算されるのでしょうか。日をまたいだ時点で別日の勤務として労働時間を計算されてしまい、残業代が支払われなかったというトラブルはないでしょうか。

今回は日をまたいで勤務する場合の残業時間の計算方法について説明をします。

残業代請求は残業した時間分請求できる

労働基準法によって法定労働時間(1日8時間、週40時間以内)を超えて働いた部分については時間外労働になると定められています。
会社は従業員に時間外労働を行わせた場合、時間外労働の部分に対して25%の割増賃金を支払わなければなりません。
また、深夜労働(午後10時~午後5時まで)させた場合は25%の割増賃金(深夜手当)を、休日労働させた場合は35%の割増賃金(休日労働手当)を支払わなければなりません。

では、日をまたいで勤務する場合は“1日8時間”をどのように計算するのでしょうか。
「1日」というのが0時~24時までのことを指すとして、24時以降の勤務は別の「1日」として計算をするのでしょうか?それとも、「1勤務」として計算をするのでしょうか?

具体例を挙げるとすると、コンビニ勤務をしている人が16時に出勤して翌朝3時に退勤する(勤務時間が8時間を超えるため、うち休憩1時間とする)といった勤務時間だったとします。
この場合、16時~24時までの勤務時間と翌日の0時~3時までの勤務時間として別に計算するのか、それとも16時~翌朝3時までの合計10時間、残業時間2時間として計算するのかといった問題となります。

日をまたいだとしても1日の勤務として計算する

結論からいうと日をまたいで勤務する場合でも、その勤務を「1勤務」として扱うものとされています(昭和63年1月1日基発1号通達)。
従って上記の例の場合、単純計算だと16時~翌朝3時までの合計10時間(休憩1時間を除く)、残業時間2時間と言う計算が正解ということです。

もっとも深夜時間帯に勤務しているので深夜手当も発生します。
休憩時間を21時から1時間取ったと仮定すると、22時~翌朝3時までの5時間については深夜手当が支給されます。
時給が1,000円だとすると、
・16時~21時は1時間1,000円
・22時~翌朝1時は1時間1,250円(深夜手当)
・翌朝2時~3時は1時間1,500円(深夜手当+残業手当)
ということになります。

日をまたいで勤務して始業時間も超えて勤務する場合はどうなるの?!

就職して働く際には必ず就業規則や雇用契約書に「所定労働時間」が定められています。所定労働時間は始業時間から就業時間までの時間のことで、法定労働時間内で自由に設定することができます。
そのためアルバイトでもパートタイムでも必ず所定労働時間というのは設定されています。

そこで考えたいのが例えば3交代で働く大病院の看護師さんなどです。
所定労働時間が午前9時~午後6時(うち休憩1時間)と定められていたとしても、夜勤などで勤務が午後5時から始まることも当然あるでしょう。
そして勤務時間が8時間でピッタリ終われば良いのですが、残業をすることも多々あると考えられます。
この看護師さんが午後5時~翌日午前11時まで働いたとしたらどうでしょう。
所定労働時間の始業時間を超えてしまいます。
この場合も午後5時~翌朝9時までと翌朝9時から午前11時までを別の勤務にするのでしょうか?

答えは、始業時間を超えて勤務する場合は翌日の始業時間までを1勤務として扱い、始業時間以降の勤務については新たに翌日の勤務が開始されたとして別の勤務として扱うものとされています(平成11年3月31日基発168号通達)。
したがって、上記の例の場合は、17時~翌9時までの合計15時間(うち休憩1時間とする)を1勤務として扱い、うち翌朝2時~9時までの7時間が時間外労働として25%割増した賃金が支払われる必要があり、また、22時から翌朝5時までの約7時間(休憩時間を何時に取得するかによる)については、25%の深夜割増賃金が支払われる必要があります。
翌朝9時~11時の勤務については、次の通常の勤務が開始されたとして扱われるため、通常の賃金が支払われていればそれで足りることになります。

日をまたいで勤務して法定休日に突入した場合はどうなるの?!

●法定休日とは
まず「法定休日」とは、労働基準法第35条に定められた最低限の休日のことを言います。
使用者は労働者に対して週1回以上、もしくは4週間で4日以上の休日を与えなければならないとされています。少なくとも週に1日は必ず休日が設定されているということになります。
例えば土日休みの会社で、日曜日を法定休日に設定している場合、法定休日ではない土曜日については「法定外休日」と呼ばれます。多くの企業は法定労働時間を守るために週休2日以上や年間公休日数120日などと設定しているので、法定外休日があるということになるでしょう。

なお法定休日に働いた場合は休日労働手当が支給されますが、法定外休日に働いても休日労働手当は支給されません。上記の例の場合は土曜日に出勤しても手当はもらえないということになります。
もちろん、金曜日までの間に40時間働いている場合は土曜日に働いた分が時間外労働となるため残業手当は発生します。

●法定休日に突入してしまったら
では本題ですが、上記の看護師さんの例で1日目は所定労働日だったが次の日(午前9時以降)は法定休日だったという場合はどうでしょう?1つの勤務として扱われてしまい、24時以降の勤務については休日労働手当の35%の割増賃金は支払われないのでしょうか。

これについては、1日目の所定労働日の勤務が延長して24時を超えて法定休日に突入した場合、24時以降の勤務については法定休日労働として扱われるため休日労働手当が支給されることになります。(平成6年5月31日基発331号通達)。
法定休日の0時~24時に働いた部分が休日労働と認定されるのです。

そのため、上記の例の場合は0時から翌朝11時までの勤務については35%の法定割増賃金が支払われるということになります。
また、休憩を午後10時から1時間取得したとすると、
・午後5時~10時   → 法定労働時間(5時間)
・午後11時~午前0時 → 法定労働時間(1時間):深夜手当(25%)
・午前0時~5時    → 法定労働時間(2時間):深夜手当(25%)+休日労働手当(35%)、時間外労働(3時間):深夜手当(25%)+休日労働手当(35%)※法定休日の時間外労働については考慮されないとされている。
・午前5時~11時   → 休日労働手当(35%)
これが看護師さんの手当ということになります。

24時間働いた場合の残業代は?

駅員さんや警察官、警備会社や工場に勤務している人など、24時間勤務をする人もいるでしょう。
この場合24時間通して働き続けるというわけではなく、例えば午前9時~翌日9時までの拘束時間で2日分働く(拘束時間内に休憩時間や仮眠時間が含まれている)というケースが多いでしょう。
もちろんこの場合も深夜労働に該当すれば深夜手当がもらえますし、法定労働時間を超えるような勤務があった場合は時間外手当がもらえます。

なお、よく仮眠時間が労働時間になるのではないかという問題が起こっているようですが、仮眠時間にすぐ出動しなければならないようなケースは労働時間に計算され、時間外手当の対象となったりするようです。
また1日8時間以上の労働をしたとしても、変形労働時間制を採用している場合は週平均40時間以内であれば時間外労働にはなりません。
いずれのケースも就業規則や労働契約書をきちんと確認することが大切です。

まとめ

以上、日をまたいで勤務する場合の残業時間の換算方法について紹介してきました。これらをもとに、ご自身がしっかり残業代が支払われているか、ご確認いただければと思います。