日をまたぐと残業時間のカウントがリセットされる?

多くの方は9時頃から勤務を開始し、たとえ残業をしても日付が変わらないその日の内に退勤されているかと思われます。その場合は、残業時間の計算方法はいたってシンプルです。もっとも、中には、夕方頃から勤務を開始し、日をまたいで翌朝以降に退勤されている方もいます。そのような場合は、残業時間はどのように換算されるのでしょうか。日をまたいだ時点で別日の勤務とみて労働時間は別に計算され、残業代が支払われていないといったことはないでしょうか。
今回は日をまたいで勤務する場合の残業時間の換算方法について説明をします。

残業代請求は残業した時間分請求できる

 会社は、従業員を1日8時間、週40時間をこえて時間外労働させた場合25%の割増賃金、深夜労働(午後10時~午後5時まで)させた場合25%の割増賃金、法定休日労働させた場合は35%の割増賃金を支払わなければなりません。
 では、上記のように日をまたいで勤務する場合、この“1日8時間”とはどのように換算するのでしょうか。“1日”とは0時~24時までを指すとして、24時を過ぎた以降の勤務は別の“1日”として計算をするのでしょうか、それとも、1つの勤務として計算をするのでしょうか。

 例えば、よくトラックドライバーの方でみかける、16時に出勤して、翌朝3時に退勤する、とった勤務体系の場合を例にみていきたいと思います。

 この場合、1日目は16時から24時までの8時間の勤務及び、翌日の0時から3時までの勤務として、別に計算するのでしょうか。それとも、16時~翌朝3時までの合計11時間、残業時間3時間として計算するのでしょうか。

 

日をまたいだとしても1日の勤務として計算する

 結論から申し上げますと、日をまたいで勤務する場合でも、その勤務を1勤務として扱うものとされています(昭和63年1月1日基発1号通達)。
したがって、上記の例の場合、16時~翌朝3時までの合計11時間、うち残業時間は3時間として計算をします。

 具体的には、0時から翌朝3時までの合計3時間が時間外労働として25%割増した賃金が支払われる必要があり、また、22時~翌朝3時までの5時間については、25%の深夜割増賃金が支払われる必要があります。

日をまたいで勤務して始業時間も超えて勤務する場合はどうなるの?!

 よく、看護師さんなどでみかける、例えば、所定労働時間が午前9時~18時(休憩1時間)と設定されているものの、夜勤で17時頃に出勤して、翌朝11時に退勤する場合はどのように計算するのでしょうか。
 17時~翌朝11時までを1勤務として扱うのでしょうか。それとも、17時~翌朝9時までを1勤務として、所定出勤時間9時~11時までは別の勤務として扱うのでしょうか。
 
このように、日をまたいで勤務をした場合で、始業時間も超えて勤務する場合は、翌日の始業時間までを1勤務として扱い、始業時間以降の勤務については新たに翌日の勤務が開始されたとして別の勤務として扱うものとされています(平成11年3月31日基発168号通達)。
 したがって、上記の例の場合は、17時~翌9時までの合計16時間を1勤務として扱い、うち翌朝1時~9時までの8時間が時間外労働として25%割増した賃金が支払われる必要があり、また、22時から翌朝5時までの7時間については、25%の深夜割増賃金が支払われる必要があります。
 翌朝9時~11時の勤務については、次の通常の勤務が開始されたとして扱われるため、通常の賃金が支払われていればそれで足りることになります。

日をまたいで勤務して法定休日に突入した場合はどうなるの?!

 例えば、上記の例で1日目は所定労働日だったけれども、次の日は法定休日の場合は、どのように扱われるのでしょうか。
 このような場合も1つの勤務として扱われるため、24時以降の勤務については法定休日した場合の35%の割増賃金は支払われないのでしょうか。
 これについては、1日目の所定労働日の勤務が延長して24時を超えて法定休日に突入した場合は、24時以降の勤務については、法定休日労働として扱い、35%の法定休日割増賃金が支払われる必要があります(平成6年5月31日基発331号通達)。

 したがって、上記の例の場合は、上記の例の場合は、0時から翌朝11時までの勤務については35%の法定割増賃金が支払われる必要があります。

 そして、法定休日労働とされる時間を除いて時間外労働がある場合は、25%の割増賃金が支払われる必要があります(平成6年5月31日基発331号通達)。
 したがって、上記の例の場合は、17時~24時までの勤務は合計7時間であるため、時間外労働時間はないとして計算されることになります。
 もっとも、22時~翌朝5時までの勤務は深夜勤務であるため、25%の深夜割増賃金が支払われる必要があります。

まとめ

以上、日をまたいで勤務する場合の残業時間の換算方法について紹介してきました。これらをもとに、ご自身がしっかり残業代が支払われているか、ご確認いただければと思います。

この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます