残業代請求を弁護士に頼む場合の費用は?!

 会社から未払いの残業代を回収したいけれども自分ではその方法が分からないから弁護士に相談したいけれども、敷居が高いといって諦めている方もいるのではないでしょうか。弁護士に依頼した場合、”どれくらいの費用がかかるのかも分からないし、実際に回収できた金額よりも弁護士費用の方が高かったら…”と考えている方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、残業代請求する場合の弁護士費用についてご紹介します。

弁護士費用って?!

 現在、弁護士費用については一定の基準がないため、弁護士費用はそれぞれの事務所ごとによってまちまちです。もっとも、ある程度の相場は存在します。
 まずは、相場を知る上で、基準となる弁護士費用の構成について紹介します。弁護士費用は通常、次の内容で構成されています。

・相談料
・着手金
・成功報酬
・手数料
・実費

・相談料とは

 残業代請求を依頼することを決める前に、まずは弁護士に自分の現状の場合残業代請求をすることができるのか、できるとしてどれくらいの残業代になるのか、という点について相談をするのが通常です。その際の相談料のことを指します。

・着手金とは

 弁護士に正式に依頼をする際に支払うものです。弁護士に依頼することで弁護士はその事件について仕事をすることになるため、着手金は、結果の有無に係らず発生するものです。したがって、残業代を回収できた場合でも仮にできなかった場合でも支払うものです。着手金は、事案の性質によって金額が異なる場合もあります。

・成功報酬とは

 成功報酬とは、回収した金額や和解した金額の○%の金額を報酬とするものです。弁護士に依頼する場合の主な費用構成は、着手金と、この成功報酬によって成り立っています。

・手数料とは

 内容証明郵便代や切手代をいいます。残業代請求をする際には、まず内容証明を送ることが多いです。事務所によって、手数料が発生する場合と着手金に含まれる場合とまちまちです。

・実費とは

 裁判をする際の印紙代、弁護士の交通費、及び、通信費等を指します。こちらも、事務所によって発生する場合と発生しない場合があります。

残業代請求をする際の相場について

 以上が弁護士費用の構成になります。では、残業代請求をする際の相場はどの程度なのでしょうか。

・相談料

 1時間1万円程度が相場といえそうです。事務所によっては、初回相談料は無料にしている事務所もあります。

・着手金

 任意交渉のみを頼むのか、裁判になった場合に見込みがあるのか等、様々な要素によって着手金の設定金額は異なってきますが、着手金の相場は、20万~30万円です。

・成功報酬

 成功報酬についても、着手金と同様に様々な要素によって設定されるパーセンテージが異なってきますが、成功報酬の相場は、20%~30%です。

・手数料

 数千円程度が相場といえそうです。

・実費

 裁判をする際に必要な印紙代は請求額によって異なります。そのため、実際にかかる実費がどれくらいになりそうなのか、相談時に確認されるといいでしょう。

当事務所の体系

 当事務所の残業代請求の報酬基準は、以下のとおりです。

・初回相談料無料

 当事務所では、残業代請求についての初回の相談料は設けておりません。

・着手金

 当事務所では、残業代請求について完全成功報酬制(つまり残業代を回収できなければ弁護士報酬はかかりません)を採用しているため、着手金は設けていません。

・成功報酬

 成功報酬については、以下のとおり定めております。
残業代請求をする際、任意交渉だけで解決ができる場合、労働審判もしくは裁判で解決する場合があります。
 当事務所では、基本的には次の成功報酬を定めております。

任意交渉で解決した場合:回収額の18%
労働審判で解決した場合:回収額の24%
裁判で解決した場合:回収額の30%

 以上のとおり、当事務所では、初期費用0円の完全成功報酬制を採用していますので、費用倒れを気にすることなくご利用いただける体系となっています。

 ※運送業の場合、日々の就労状況について、タコグラフ、日報などによる詳細な立証を要するため、上記報酬に各+2%させていただきます。

※その他、証拠が十分でなく立証が困難なケース、請求額が少ないケースなど一部のケースでは異なる扱いをさせていただく場合があります。

※同僚、元同僚の方などと一緒に同じ会社への残業代請求をご依頼いただく場合、重複作業分を軽減できるので、ご依頼者数に応じて特別料金を適用し、上記金額より減額できる場合があります。お問い合わせください。

※ご依頼いただく際には報酬を明記した契約書を締結いたしますのでご安心ください。

まとめ

今回は、残業代請求をする際の弁護士費用及び当事務所の費用体系についてご紹介させて頂きました。以上のとおり相場についてご紹介させていただきましたが、事務所によって費用体系はまちまちですので、残業代請求を考えていらっしゃる場合は、どのような費用がかかるのか認識のもと、依頼する前に費用については確認をすることが大切です。