トラックドライバー(運転手)の残業代請求

  • HOME »
  • トラックドライバー(運転手)の残業代請求

当事務所の解決事例で最も多い職種は,運送業(ドライバー)です。
トラックドライバーの皆さまは、かなりの長時間労働を行っているケースが多いと思われます。
これに対し、残業代をきちんと出している会社はむしろ稀であるという印象です。
ドライバーの皆様も,「運転手には残業代は出ないですよね?」と勘違いしている方もたくさんいらっしゃいます。

最近、運送会社の中には、残業代を免れるため、固定残業代、歩合給などの複雑な給与体系を取り入れる企業が散見されます。複雑な争いになることもありますが、きちんと経験のある弁護士がつけば、数百万円~1000万円もの残業代が生じるケースも稀ではありません。

トラックドライバーの残業代請求で問題になることが多いのが、休憩時間の扱いです。荷卸し待ち、荷待ちの時間はトラックが止まっていたとしても休憩とみるべきではありませんが、荷物の中身、駐車場所などの状況により、その時間が休憩なのかどうかは個別具体的に判断する必要があります。

他にも,事故をした場合に多額のペナルティが課せられている,歩合給の基礎となる売り上げがごまかされているなど,様々な問題が生じている場合もあります。

また,会社によっては,労働契約ではなく,請負契約だから残業代は生じないなどという反論をしてくる場合もありますが,実態として雇用関係にある(仕事を選ぶ自由がない、車輌が会社の所有である,など)と認められる場合は,書面上請負契約という形になっていても,残業代請求が可能です。

なお、トラックドライバーの場合、タイムカードがないことが多いですが、会社側からチャート紙,デジタコデータや日報の開示を受けることで、労働実績の再現が可能です。他にもアルコール検知記録の時間,点呼記録簿なども証拠として使えます。ドライバーの場合,通常の会社員などと異なり,様々な資料から日々の労働時間を算定する必要がありますので,我々のノウハウがお役に立つ分野だと思っております。

日々の労働時間の再現は手間もかかり大変ですが,日報や点呼記録簿などの法定書類は残っているはずなので,資料が全くないということはありません。この点では、トラックドライバーなどは、むしろ残業代請求のしやすい職種であると思われます。

残業代の無料相談はこちら TEL 0120-600-927平日:10時 ~ 19時
土曜:10時 ~ 17時(東京のみ)
定休日:日・祝

PAGETOP
Copyright © 運営:弁護士法人 勝浦総合法律事務所(東京・大阪) All Rights Reserved.