トラックドライバー(運転手)の残業代請求

  • HOME »
  • トラックドライバー(運転手)の残業代請求

トラックドライバーの皆さまは、かなりの長時間労働を行っているケースが多いと思われます。
これに対し、残業代をきちんと出している会社はむしろ稀であるという印象です。

最近、運送会社の中には、残業代を免れるため、固定残業代、歩合給などの複雑な給与体系を取り入れる企業が散見されます。複雑な争いになることもありますが、きちんと経験のある弁護士がつけば、数百万円~1000万円もの残業代が生じるケースも稀ではありません。

トラックドライバーについては、労働時間を算定し難いという理由で「事業場外でのみなし労働時間制」を採用し、一定時間分以上の残業代を支払わないというケースがしばしば見られます。しかしながら、トラック運転手であっても、デジタコデータと携帯電話での荷受け、配送時刻のチェックなどを併用すれば、労働時間の把握は十分可能なはずであり、「事業場外でのみなし労働時間制」は適用されません。通常どおり残業代の請求が可能でしょう。

また、トラックドライバーの残業代請求で問題になることが多いのが、休憩時間の扱いです。荷卸し待ち、荷待ちの時間はトラックが止まっていたとしても休憩とみるべきではありませんが、荷物の中身、駐車場所などの状況により、その時間が休憩なのかどうかは個別具体的に判断する必要があります。

なお、トラックドライバーの場合、タイムカードがないことが多いですが、会社側からデジタコデータや日報、配車表の開示を受けることで、労働実績の再現が可能です。他にもアルコール検知記録の時間なども証拠として使えます。
この点で、トラックドライバーなどは、むしろ残業代請求のしやすい職種であると思われます。

トラックドライバーの方は、当事務所で最もご依頼件数の多い職種の一つです。

残業代の無料相談はこちら TEL 0120-600-927平日:10時 ~ 19時
土曜:10時 ~ 17時(東京のみ)
定休日:日・祝

PAGETOP