弁護士紹介

  • HOME »
  • 弁護士紹介

弁護士紹介

弁護士 勝浦 敦嗣(かつうら あつし)

弁護士 勝浦 敦嗣(かつうら あつし)
第二東京弁護士会所属

サービス残業という言葉が当たり前に使われ、本来払われるべき残業代が支払われていない現状に疑問を感じ、残業代請求に力をいれて参りました。
長時間残業に苦しめられ、家族との時間や健康までも犠牲にせざるを得なかった方が当然の権利を実現するためのお手伝いをすることに遣り甲斐を感じ、日々業務にあたっております。

当事務所は「身近で、頼りになる弁護士」をモットーにしております。是非、お気軽にご相談ください。

弁護士 小松 紘士(こまつ ひろし)

弁護士 小松 紘士(こまつ ひろし)
東京弁護士会所属

紛争に巻き込まれたときには、どう解決すべきか客観的に考えられないことや、なかなか判断ができないことが、意外と多いと思います。そんなとき、ご自身で解決される前に、一度弁護士にご相談を頂ければ、安心や納得ができ、違った解決策が見つかることがあります。ぜひお気軽にご相談下さい。
実際に相談をお受けする際は、相談をされる方に起こった事実や、紛争の背景にあるご事情について、有利な点、不利な点を問わず、できるだけお聞きしたいと思っています。その上で、依頼者の皆様と一緒に、よりよい解決策を考えていくことを心がけています。
弁護士として、一つ一つの案件に労を惜しまずに誠実に取り組み、また、より質の高い法的サービスが提供できるよう、日々研鑽を重ねていきたいと思っております。

弁護士 足立 拓(あだち たく)

弁護士 足立 拓(あだち たく)
大阪弁護士会所属

弁護士登録当初は、大阪弁護士会に所属し、大手企業の訴訟案件、企業法務を担当しました。そこでは、巧みに訴訟戦略を構築し、依頼者の利益のために、とことんまで尽力する弁護士像を学びました。その後、事務所移籍を経て、労働事件、交通事故案件や一般の訴訟案件のみならず、家事事件(離婚問題、相続問題)から刑事事件、破産事件まで、一般の弁護士が経験できるほとんどの案件を経験することができました。
弁護士に依頼される多くの方々は、企業であろうと個人であろうと、問題に直面することで、多大なストレスを感じておられることが多いように思います。
弁護士の仕事で最も重要なことは、依頼者と一緒になって、直面する問題にぶつかり、一緒に悩み、考えることによって、そのストレスを少しでも軽減することであると感じております。これまでの経験を活かしつつ、弁護士にご相談・ご依頼された方の負担が少しでも軽減されるよう日々精進していきますので、何卒よろしくお願いいたします。

戸松 良太 (とまつ りょうた)

戸松 良太(とまつ りょうた)
東京弁護士会所属

社会が複雑化し、時代が大きくうねりをあげて変化していく今日、弁護士も司法改革の流れの中でその取り巻く環境は大きく変わりつつあります。
そのような状況で他にはない価値を提供するには、卓越した高度な専門性の習得が不可欠であると考えております。そこで、医療知識という法律と並ぶ専門性が要求される交通事故の案件を専門に、弁護士として研鑽を積んで参りました。
ただ、高い専門性をもって仕事をする中で、せっかく、人の人生の節目に携われる、弁護士という特殊な職業に就いたのだから、他の様々な案件にも取り組んでみたいという思いも感じていました。依頼人の方の人生の節目であることを自覚して一つ一つの案件に取り組み、質の高いリーガルサービスを提供して参りたいと思いますので、よろしくお願い致します。

杉本 圭 (すぎもと けい)

杉本 圭(すぎもと けい)
大阪弁護士会所属

法律問題に悩んだ方々の言葉に真摯に耳を傾け、より良い解決策をご提案できる弁護士であるとともに、どんな些細なことでもお気軽にご相談いただける弁護士でありたいと思っております。 生まれ育った大阪の地で弁護士として活動できることはこの上ない喜びです。
いつまでも感謝の気持ちを持って、微力ながら社会に役立つ人間として成長すべく努力し続けたいと考えております。

横山 竜一 (よこやま りょういち)

横山 竜一(よこやま りょういち)
大阪弁護士会所属

弁護士としてもっとも心がけるべきは、誰よりも依頼者の皆様に親身になり、真っ直ぐに向き合うことだと思います。
そのために、依頼者の皆様に潜在的にある真の目標・ニーズをしっかりと汲み取り、その人にとって何が一番良いのかを一緒になって考える、パートナーのような存在となれるよう、常に心がけ、研鑽を続けております。
依頼者の皆様方が「横山に相談してよかった」と思っていただけるよう、尽力を尽くしますので、どうぞよろしくお願い致します。

坂本 一真 (さかもと かずま)

坂本 一真(さかもと かずま)
東京弁護士会所属

弁護士業に就く以前は、国家公務員として裁判所に勤務し、老若男女さまざまな方のご相談に乗ってまいりました。そこで培った経験を踏まえ、現在私は、ご相談者・ご依頼者の気持ちを特に大事にし寄り添いながら、ともに案件を解決することを信条として、弁護士業に従事しております。また、僭越ではありますが、これまでの人生において友人等に相談されることが多く、的確な意思の疎通を図るためのコミュニケーション能力、相手の視点・立場に立って物事を考える能力は有していると自負しております。弁護士に相談をするというのは敷居が高く、抵抗がある方も多いのではないでしょうか。しかし、一人で悩まれるのは辛いと思いますし、ご相談されたあとには、弁護士の身近さをきっと感じていただけると思います。一人で悩まず、まずはご相談ください。勇気ある一歩をお待ちしております。

安池 巧 (やすいけ たくみ)

安池 巧(やすいけ たくみ)
第一東京弁護士会所属

弁護士に相談するということは、その方にとって、一生に一度あるかないかの出来事だということを日々実感しております。そうした方々の最後の砦とも言えるのが弁護士ではないかと思います。このことを念頭に置き、まずは依頼者の方のお話にしっかりと耳を傾けることを心がけています。
何から話して良いか分からなくても構いません。私達弁護士は、依頼者の方が語る生の事実から、問題解決の糸口を見出し、共に問題解決に当たっていきます。

水戸 悠貴 (みずと ゆうき)

水戸 悠貴(みずと ゆうき)
第二東京弁護士会所属

私は、身近な人の活動を少しでもストレスなく円滑に進めることができるように、法的側面からサポートできる存在になりたい、という思いから弁護士を志しました。
現代において、日々の業務や新規事業への取組みにおいても、法律は切っては切れない存在であり、法的紛争に発展することは多々あります。また、一般生活においても、法的問題に直面した際は、法律的に整理することすら困難であるため、個々の目的や、正当な利益が守れないことも多々あります。
そのような問題に対して、依頼者の皆様に寄り添いながら丁寧にお話を伺うことで、依頼者の皆様を取り巻く環境の理解を深め、依頼者の方々と共に問題解決へと進んでまいりたいと思います。
依頼者の皆様の日々の様々な活動が少しでも円滑に進む一助となれるよう、日々研磨を怠らず取り組んでいきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

残業代の無料相談はこちら TEL 0120-600-927平日:10時 ~ 19時
土曜:10時 ~ 17時(東京のみ)
定休日:日・祝

PAGETOP