残業代の基礎知識

  • HOME »
  • 残業代の基礎知識

一日8時間以上、または一週間で40時間以上の勤務を行った場合、基礎賃金に25%の割増を加えた時間外手当が発生します。
例えば、一般的なフルタイム勤務で月収32万円の方が、月に50時間残業した場合、約125,000円の残業代が発生します。これが2年続くと、300万円です。

この他、22時以降の深夜労働には25%の深夜割増手当、休日勤務には35%の休日割増手当が発生します。
深夜に時間外労働をすれば50%(25%+25%)の割増し、休日に時間外労働をすれば60%(35%+25%)の割増しが得られるはずなのです。

  • 会社の規則で上限30時間しか残業代が出ない…
  • 歩合制だから残業代がでない…
  • 裁量労働制だから残業代が出ない…
  • 営業手当に含まれるから残業代が出ない…
  • 管理職だから残業代が出ない…

さまざまな理由で残業代が払われていないケースの相談を受けますが、大半の場合は、会社のルールが違法なものとなっており、残業代請求が可能です。
労働基準法も、裁判所の過去の判例も、労働者を保護するために様々なルールを作り出しており、企業側がそのルールをかいくぐって残業代を免れるのは至難の業なのです。

残業代の無料相談はこちら TEL 0120-600-927平日:10時 ~ 19時
土曜:10時 ~ 17時(東京のみ)
定休日:日・祝

PAGETOP