トラックドライバーの残業代請求の際,必ずといっていいほど争点になるのが,休憩時間の扱いです。
タコグラフからは,トラックが停止している時間が分かりますが,その時間は,休憩時間なのか,労働時間なのか,どのように考えるべきでしょう。

この点,昭和33年の行政通達(昭和33・10・11基収6286号)では,

「トラック運転者に貨物の積み込みを行わせることとし、その貨物が持ち込まれるのを待機している場合(一般に手待ち時間という)において、全く労働の提供はなくとも出勤を命ぜられ、一定の場所に拘束されている時間は労働時間と解すべき」

と解されています。

他方で,別の行政通達(昭和39・10・6基収6051号)では,

「貨物の到着の発着時刻が指定されている場合、トラック運転者がその貨物を待つために勤務時間中に労働から解放される手あき時間が生ずるため、その時間中に休憩時間を1時間設けている場合にあって、当該時間について労働者が自由に利用できる時間」であれば「休憩時間である」

と判断しています。
結局,労働者が自由に利用できる休憩時間なのか,一定の場所に拘束されている時間なのか,実態を総合的に判断することとなるのです。
その場合の判断要素としては,以下のようなものが上げられます。

(1) 駐車して車両から離れることができるかどうか

→取引先の構内に停車して自由にトラックを離れられる場合は休憩と言われやすいですが,逆に,路上駐車をせざるをえずトラックから離れると駐禁を取られる場合などは休憩とはいい難いでしょう。

(2) 停車中も車両を監視する義務があるか。

→積荷が空でトラックを置いていける状態であれば休憩と言われやすいですが,危険物や高価品を積んでいてトラックから離れられない場合などは休憩とはいい難いでしょう。

(3)休憩時間を自由に利用できるか。

→荷待ち中も他のドライバーの手伝いをする必要などがあればそれは休憩ではないでしょう。

(4)次の作業開始時刻が決まっているか。

→例えば,荷積の時間が午後1時からと決まっていて,それまで自由に時間を使える場合は休憩と言われやすいですが,いつになるか分からないが呼ばれたらすぐに作業を開始しなければならない場合は自由な休憩とはいい難いでしょう。